◇2019年12月


 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。12月に入りいよいよ本格的な寒さがやって来ました。11月の八千代座公演もお陰様で無事に千秋楽を終えることができました。千秋楽近くには朝晩がだいぶ冷え込んでいました。その後帰京しまして、明くる日には文化功労者の顕彰式に出席いたしました。皇居でのお茶会では天皇皇后両陛下にお目にかかりご挨拶をさせていただき、令和になりましてからの数々の賞をいただきましたことを陛下にご報告申し上げられたわけでございます。

 11月前半は色々なお仕事がありました。6日、7日とコンサートのリハーサルを行いまして、8日には「越路吹雪40回忌記念コンサート」を中野サンプラザで開催させていただきました。その後は12月歌舞伎座公演の準備に入りまして、毎日白雪姫の妖精達に出ている子役さんのお稽古をしておりました。白雪姫は今回書き下ろされた新作ですので、台本の読み合わせをしながら道具、美術、照明、衣裳なども打合せも行い進めて参りました。

 そして11月末にはこの度頂きました賞のお話しなどを、BSフジテレビの「プライムニュース」に生出演させていただき色々なお話をさせて頂きました。

 ここ数年12月は歌舞伎座で過ごしておりますが、今年も梅枝さん、児太郎さんと3人体制で「阿古屋」を上演させていただきます。私が「阿古屋」に出演しない日には、歌舞伎座で26年振りの「保名」を踊らせていただきます。夜の部は新作「本朝白雪姫譚話」ですが、最近は新しい歌舞伎演目も上演されており、この「本朝白雪姫譚話」は是非歌舞伎座で上演したいと願っておりました作品でございます。現世の美を求めるお母さんと、それに翻弄される白雪姫。しかし、運命的に幸せになっていくというグリム童話の中でも不思議な物語でございます。森の妖精たちは子役さん達に受け持っていただきまして、12月らしく理屈抜きでお楽しみいただけるお芝居になればと願っております。

 毎年この12月公演が過ぎますと、あっという間に新年を迎えます。お正月は御園座公演のあと、お休みをいただきますが、この12月を精一杯務めさせていただきます。

 お稽古中にはインフルエンザも流行っておりまして、何とかこの12月の歌舞伎座を無事に過ごしたいと思っております。あっという間にクリスマスから年越しとなってまいります。今年も精一杯過ごしました1年でございました。有難うございました。

 皆様もどうぞお身体を大切にお過ごしくださいませ。

新着情報

▶2020月 10 月 8 日

掲載記事のご案内を更新しました

おすすめ情報

▶2020月 10 月 1 日
トップページの動画を更新しました
→ YouTube 坂東玉三郎【公式チャンネル】

▶2020月 10 月1日
今月のコメントを更新しました