守田勘弥と守田座の歴史

坂東玉三郎は、現代の日本を代表する舞台俳優の一人として、その名は海外にまで広 く知られています。そのため、玉三郎という芸名はこの人個人に帰属するようにも思われがちですが、これは、歌舞伎という伝統演劇の世界において. . . . . .

坂東玉三郎 (ばんどう たまさぶろう)

1956年十四世守田勘弥の部屋子となる。翌年坂東喜の字を名乗り、「寺子屋」 の小太郎で初舞台。以後、「椿説弓張月」の白縫姫、「桜姫東文章」の桜姫など大役 を次々に演じ注目を集める。1982年から3度のアメリカ公演を. . . . . .

坂東玉三郎 年表